消費税10%の決定はいつ?

消費税が8%になった時もうんざりでしたが、

ながらく延期していた10%へついに決定しました。

これまでの経緯をざっくりと、そして今回の10%について

まとめています。

消費税10%の決定はいつされた?

消費税が10%になることは実はずいぶん前に決まっていました。

2012年8月に消費税率を14年4月に5%から8%へ、

2015年10月に10%へと引き上げる関連法が成立していました。

しかし、選挙の度に景気低迷などがあって

延期されてきました。

2015年3月に10%への引き上げが2017年4月に延期

とする税制改正関連法が成立

2016年11月 10%への引き上げが2019年10月に再延期する

税制改正関連法が成立

となっていました。

何度も延期をしてきましたが、

ついに安倍首相が増税を実施するとして臨時閣議を開いて

決定されました。

消費税10%になるのは2019年10月1日です。

消費税はいつから始まった?

今ではすっかりなじんでいる消費税ですが、

私が子供の時にはありませんでした。

消費税が導入されて、買い物するたびに

なんだか損をしているような気がしたし、

支払う金額を計算するのも面倒になったと感じたのを

覚えています。

そんな消費税ですが、いつから始まったのか?

それは1989年(昭和63年)4月です。

当時の内閣総理大臣、竹下登内閣の1988年12月に

消費税法ができ、翌年の4月からすぐに始まったんです。

法律ができてから実際に始まるまで実に早かったです。

当時は3%でした。

たった3%でも、ずいぶん余計に支払うようになったと

感じたものです。

消費税が5%になったのはいつ?

消費税が5%になったのは1994年(平成6年)11月に

村山富市首相の時に5%になる税制改正関連法が成立しました。

それから3年後の1997年(平成9年)4月、

橋本龍太郎首相の時に5%になりました。

消費税が8%になったのはいつ?

2012年(平成24年)6月に野田佳彦首相が

2014年(平成26年)に8%、

2015年(平成27年)に10%へ引き上げるという法案をだし、

2014年(平成26年)4月に安倍晋三首相が8%に引き上げました。

10%への引き上げも実はずっと以前に決まってたんですよね。

ただ、延期を繰り返してきただけで、

決定はしていなかったけど、10%への引き上げの法案が出た時点で、

減税になるなんてありえなかったんですよね。

赤字国家と言われてますし。

国民みんな、増税は嫌だけど、そうしないと国のお金がたりないことも

分かっているからしぶしぶ納得、といったところでしょうか?

消費税の増税と選挙はなんだかすごく絡んでいて、

首相が短命になってすぐに変わるようになったのは

消費税が導入されてからのような気がします。

それだけ、国民に影響力のある政策ってことですよね。

なにしろ生活に密着してますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする