消費税が10%になったら住宅ローン減税にどう影響する?

消費税が8%から10%になったら住宅ローンは

かなりの額の支払いが増えますよね?

 

1000万円の買い物なら、80万円の消費税が100万円になります。

20万円もかわります。

 

さらに、建築工事請負金額、宅地建物取引業者、

金融機関、司法書士、土地家屋調査士への手数料にも

消費税がかかってきます。

 

住宅ローン減税が今はありますが、

それに10%になったらどう影響してくるのかまとめました。

 

住宅ローン減税の現在

住宅ローン減税とは現在は購入してから10年間、

その年の年末のローン残高の1%

所得税や住民税から控除できます。

 

我が家も住宅ローン減税にお世話になっていて、

今年で10年分の減税が終わってしまいます。

残念です(T_T)

 消費税が10%になってからの住宅ローン減税

さて、今後の住宅ローン減税ですが、

201910月に消費税が10%になるので、

増税対策として、政府は減税期間を

3年延長する方針を打ち出しました。

 

さらに、住宅を購入してから最初の10年間は

年末残高の1%を控除されますが、

延長された3年間は建物価格の2%

10年目までの仕組みで計算した場合の金額を比べて

少ない方が控除されます。

 

どちらの金額で控除されるとしても、

3年分の延長は大きいですよね。

 

5%から8%になった時のように増税前のかけこみ需要と

増税後の消費の冷え込みを抑えたい狙いですよね。

 

もちろん、この恩恵を受けられるのは、

消費税が10%になった住宅を購入した人だけです。

10%になった後にもまだ、減税期間が残っていたとしても、

8%の時に購入した人には延長はありません。

住宅は人生で一番大きな買い物といわれるだけに、

増税されるからといって急いで買うことはないと思いますが、

ローンを組む人が大半で、しかも長い間ローンを組むことになるので、

少しでも安いことにはこしたことないです。

 

この住宅ローン減税の3年延長だけでなく、

住宅の買い替えの人には一定の条件を満たしたひとには

「すまい給付金」を拡充したり、

耐震性能が優れた住宅購入者にはポイントを付与する方針です。

 

住宅は大きな買い物になるので、

金額だけで急いで買わずに住みたい場所、

住みたい間取り、住みたい性能の家であることなど、

長く住み続けるために必要であるか、

今がその時期なのかをよく考えましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする