マクドナルド 消費税増税・軽減税率対応・ポイント還元を解説

マクドナルドの消費税増税にたいする対応が決まりました。

消費税増税では店内飲食は10%、持ち帰りなら8%という

政府の決定ですが、マクドナルドは分かりやすい価格提供となりました。

・店内飲食、テイクアウトともに同じ価格で販売

・税込み価格での表示

です。

 

消費税10%になって変わること

2019年10月1日から消費税は8%から10%に変わります。

そして、私たち消費者の負担を減らすために軽減税率が実施されます。

軽減税率が実施されるのは

 ・酒類、外食を除く飲食料品

 ・週2回以上発行される新聞(定期購読契約)

つまり、毎日の生活の必需品は8%のまま据え置きというわけです。

 

マクドナルドでの消費税増税後の変化

消費税が10%になってからもマクドナルドでは

店内飲食もドライブスルーを含む持ち帰りは同じ価格と決定されました。

ただし、価格は見直され、

 ・ハンバーガー

 ・チーズバーガー

 ・てりやきマックバーガー

 ・ポテトM

など全体の約3割が税込み価格を10円アップとすることになりました。

逆に定番メニューの

 ・ビッグマック

 ・チキンマックナゲット5ピース

 ・プレミアムローストコーヒーSサイズ

 ・おてごろマック

 ・\500バリューセット

 ・バリューランチ

 ・夜マック

など約7割の商品は店内飲食の税抜き価格を引き下げ、

税込み価格は今のままということになりました。

 

マクドナルドのポイント還元制度はどうなる?

ポイント還元制度は参加表明した店舗でフランチャイズ店舗が

実施します。

キャッシュレスの支払いをしたお客様の支払総額に対して

2%分のポイントがつきます。

ポイント還元に参加するフランチャイズ店舗は

国内約2,900店舗のうち約2,000店舗が参加なので

すべての店舗ではありません。

あなたのお近くのマクドナルドが対象かどうかは

公式サイトから確認できます。

⇒ こちら

 

ポイント還元を受けるにはキャッシュレスで支払いをしないといけません。

VISAやJCB、マスターカードなどクレジットカードや

楽天エディ、ワオン、nanaco、LINEpay、何所もiDなど電子マネー、

Suicaやpasmoなど交通系ICカードがあれば支払いできます。

 

まだ持ってない方はどんどん楽天ポイントがたまる

楽天カードがお得。

楽天カードを作るだけでポイントが付くし、

楽天でお買い物するとポイントはいつも2倍になります。

 

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが買った翌日は最大3倍、

お買い物マラソン楽天スーパーSALEでは最大28倍、

5の倍数の日に楽天カード決済で2倍になるのでとにかくお得。

持ってて損はないカードです。

 

たまったポイントはくら寿司やマクドナルド、ツルハドラッグなどでも

使えます。

我が家はポイントためてただでお寿司を食べに行きます^^

 ↓お得な楽天カードはこちらから

楽天カード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする