ネットスーパーで軽減税率はどうなる?

10月から消費税が増税となりますよね。

 

普段スーパーで購入するほとんどの飲食料品には軽減税率が適用され.今までと変わらない8%で購入することができます。

 

ではネットスーパーはどうなるのでしょうか?

 

小さなお子さんがいる方や、重たい食料品を買うときなど、ネットスーパーは便利なものです。

 

消費税が増税したらネットスーパーはどうなるのかを知っておきましょう。

 

ネットスーパーで軽減税率は普通のスーパーと違う?

ネットスーパーは大手スーパーでは実施しているところが増えていますよね。

 

24時間空いている時間に買い物ができ、悪天候の日も、重たい荷物も家まで届けてもらえるので便利なものです。

 

ネットスーパーを上手く利用している方も多いと思います。

 

10月に消費税が増税しますが、ネットスーパーと普通のスーパーでは価格に違いがでるのでしょうか?

 

消費税が上がることで、少しでも節約をしたい!と考えている主婦にとっては、少しの金額の差も重要です。

 

消費税が増税しても、飲食料品には軽減税率が適用され今まで通りの8%で購入することができます。

 

基本的にはネットスーパーでも、普通のスーパーと同じように軽減税率が適用される商品は8%の消費税で購入てきると考えて大丈夫です。

 

ただし、ネットスーパーの会費や手数料がある場合、これらの料金には軽減税率が適用されないので、値上がりをしたり、消費増税分高くなるかもしれません。

 

それぞれのネットスーパーによって対応にも違いがあるかもしれないので10月の増税後にどのようになるのか確認しておきましょう。

 

 

ネットスーパーで食品を買った時の送料はどうなる?

ネットスーパー食品を買ったときの品物には軽減税率が適用となりますが、飲食料品以外のものは消費税が10%になります。

 

もちろん送料も10%になりますが、送料についてもそれぞれのネットスーパーによって送料がかかる条件が違いますよね。

 

1回の配送につき一定の送料がかかる場合、現在の送料が税別価格ならば2%の値上がりになります。税込価格の送料は値上がりするかもしれません。

 

一定の金額を購入すると送料が無料になるケースもあります。

 

この場合、私達は今までと変わらない価格で購入できますが、再配達の料金や留守中に商品を置いてもらう取り置きサービスの料金の消費税は10%になります、

 

今自分が利用しているネットスーパーの送料やサービス料が税込価格なのか?10月から利用料金に改定があるのか?

 

しっかり確認しておきましょう。

 

 

軽減税率の対象になるもの

ネットスーパーで購入できる飲食料品は軽減税率の対象になりますが、例外もあります。

 

飲食料品でも酒類や、医薬品、医薬部外品は軽減税率の対象になりません。

 

ビールや缶チューハイなどはお酒と分かりやすいですが、気をつけたいのが料理用の日本酒や赤ワイン・白ワインなどです。

 

酒類とはアルコール度数1%以上のものが該当します。

 

飲むためのお酒ではなく、料理に使うアルコールも軽減税率が適用されないのです。

 

本みりんもアルコール度数が1%以上になるので軽減税率適用外となります。

 

みりん風調味料ならば軽減税率が適用され8%で購入できるのですが…分かりづらいですね。

 

他にも栄養ドリンクに注意が必要です。

 

同じような栄養ドリンクでも「医薬品」又は「医薬部外品」の表示があるものは10%になります。 

 

リポビタンD10%となりますが、オロナミンCは「清涼飲料水」なので8%になるのです。

 

調味料や栄養ドリンクは表示をしっかり確認しなくてはならなくなりますね…。

 

もっと分かりづらいのがオマケ付きの飲食料品です。

 

お菓子やジュース、パンなどにシールやカード、オモチャ等が付いているものは消費税が10%になるものもあるのです。

 

このような飲食料品と品物がセットになって販売されているものや、食べ終わった後の容器が品物として使える場合、飲食料品の価格が3分の2以上ならば軽減税率が適用になります。

 

つまり品物としての割合が高くなると軽減税率の対象にならないということなのですが、

消費者には判断が難しいですよね。

 

軽減税率の対象にならないものをご紹介しましたが、上記以外の飲食料品はすべて軽減税率の対象になります。

 

10月になってから、混乱することがあるかもしれませんが、

飲食料品でも軽減税率が適用されないものもあるのだということを知っておきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ネットスーパーでも普通のスーパーと同じように軽減税率が適用されますが、飲食料品の中でも軽減税率が適用されないものがあります。

 

また、ネットスーパーの配送料やサービス料などの消費税は10%となります。

 

10月から税別価格になったり、値上がりするものがあるかもしれません。

 

利用しているネットスーパーによっても対応は様々なのでしっかりと確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする