8%の食品と10%の食品の違い

10月から始まる消費税10%。

それに伴って食品は8%のままになる軽減税率がスタートします。

ざっくり説明すると日常的に必要な食料品は8%のまま、

贅沢品にあたる酒類や外食は10%になるという制度です。

 

どんな違いがあるのかまとめました。

 

8%の食品

8%のままの食品は人が飲んだり食べたりするために

提供されるものです。

また、食品表示法に規定されている食品になります。

 

10%になる食品

外食・ケータリング・出張料理・酒類・医薬品・医薬部外品

主に贅沢品です。

 

例えばノンアルコールビールはアルコール度数が1%未満で

酒類ではないので8%のままです。

 

みりんはみりん風調味料だとアルコール度数が1%未満で

酒類に含まれないので8%のままです。

本みりんだと酒類に含まれるので10%になります。

 

ノンアルコールビールはアルコール度数が1%未満なので

酒類に含まれないので8%のままです。

 

仕事疲れのおともに、家事の疲れのおともに大活躍の

栄養ドリンク。

 

これは

・医薬品

・医薬部外品

・清涼飲料水

に分類されています。

 

医薬品と医薬部外品は10%ですが、

清涼飲料水と書かれてあるドリンクは8%のままです。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする